2020/2021シーズン諸々

今シーズンの目標

  • 怪我をぜずにシーズンを完走する。ご安全に!
  • 急斜面をカービングで滑れるようになる。
  • コブを滑れるようになる。
  • 何か一つ、ラントリックをメイクする。ビッテリーターンを第一の目標としたい。
  • 何か一つ、グラトリを出来るようになる。前提として、スイッチスタンスで滑れるようになる。
  • キッカーで飛ぶ。そのためにも体重を減らすところから。

スタンス

スタンサー推奨値

レギュラースタンス 左18度 右9度 幅56cm
ダックスタンス 左21度 右-12度 幅58cm

試行錯誤

レギュラースタンス 左18度 右9度 幅53cm
ダックスタンス 左21度 右-12度 幅55cm
ダックスタンス 左21度 右-12度 幅53cm
レギュラースタンス 左21度 右9度 幅53cm
ダックスタンス 左21度 右-12度 幅54cm
ダックスタンス 左18度 右-18度 幅54cm
ダックスタンス 左21度 右-12度 幅53cm

記録

通算 場所 天気 温度 雪質 メモ
1 アルツ磐梯 曇り 極寒 雪質良好
2 グランデコ ピーカン 適温 雪質良好
3 裏磐梯猫魔 雨のち霧 温い 春雪
4 アルツ磐梯 曇天 良好 バインディングのラチェット故障
5 グランディ羽鳥湖 雪を降らす台風 極寒 極上
6 尾瀬戸倉 終日降雪 寒い 良好
7 尾瀬戸倉 晴天 寒い 良好
8 イカスノーリゾート 豪雪 極寒 エンドレスなパウダー バインディングの別のラチェット故障
9 尾瀬戸倉 曇天 極寒 良好 K2 LIEN AT投入、ビッテリーターンできた!
10 たんばら 晴天 寒冷 良好

教材

www.youtube.com

  • 毎日一回この動画を見て、スキー場で滑り始める前にお言葉を音読してます!

ブーツのタンのところにスネが乗るように膝を曲げる

膝を内側に近付けるように、締められるだけ締める

右足の膝を支点ととして、位置をキープしながら進行方向に目線を向ける

視線とは、アゴの向きのこと

身体をひねっていき、進行方向を見る
身体を板に対して 90 度になるようにイメージする

後ろ足の重心はキープしたまま前足を伸ばし、身体を後方に伸ばす
スノーボードは足が固定されている
膝を伸ばせば二等辺三角形、軸が中央に来る
ダックスタンスの場合、大半がツインチップの板
板の中央に乗るとターンの安定性が損なわれる
ディレクショナルは後ろに偏っているのでターンしやすい
自分で体勢を作って、ディレクショナルのように安定感を出す必要がある
ダブルキャンバーだと特に重要
後ろ足直下のキャンバーでターンしないと板がずれやすい

右後ろ足の骨盤のお尻側を、テールに押しつけるように曲げる
より後ろに乗るために、骨盤を意識する
ちゃんとひねれていれば、お尻が板に乗っている
右足がパンパンになる状態が後ろ足重心
この時に絶対にやってはいけないのは、頭を後ろにもって行くこと
あくまでも骨盤のみ
×後傾=斜めになる事、上半身の自由度が損なわれる
○後ろ足重心

上半身をかぶせていく
後ろ足重心だが、板が浮いている
単なるテールプレス
上半身をかぶせていくとノーズが下がり、板全体でグリップ出来る

上半身のかぶせ方
正しくかぶせると、右足上の骨盤にボールが挟まる
頭は板の上にあるようにかぶせると安定する
後ろ足重心でも上半身がかぶってないと、腹筋で頑張る羽目になる
ターンピークでもこの姿勢を意識して継続する
イメージした仮想のボールがあると思って挟み込む

猫背にならないようにする
ボールを意識しすぎて猫背になると頭が上がらず上目遣いに
ボールは挟むけど、胸を張り、アゴは常に垂直の状態にする
楽な姿勢ではないが、カービングとクルージングは違う
しっかり踏むことで、遠心力に耐えられる力を生み出す