買う本

キャッシュレス生活をするとキャッシュフローが分からなくなることが分かった

  • 長らく現金オンリーの生活をしてきて、大きめの買い物にクレジットカードを使う程度だったのに、この一ヶ月くらいで各種payをはじめとするキャッシュレスを使い始めたら、財布の現金が減らなすぎて怖くなってきた。特に無駄遣いしているわけでは無いので、キャッシュフローが見えなくなっているだけなのだが、この辺を上手く可視化できないとよくないですねえ。

SATA2とSATA3の違い

  • PCが新しくなったタイミングでSATAの接続方式がSATA2からSATA3になり転送速度は倍になったものの、ストレージへのアクセスがサチってOS全体が刺さることが増えた。
  • Windows 10の所為なのかRyzenの所為なのかと疑って、まさかのPIO病か!?とまで思い至ったけど、さすがにそれはありますまい。
  • じゃあ何だと思って見たら、今まではストレージはSATA3対応だが、接続方式がSATA2だったので、帯域がボトルネックであってもストレージ自体は余裕を持って処理していたのが、どちらもギリギリまで使うようになったので、処理能力の上限で全体的にサチったと言うことだろうか。
  • 多分コレだと思うけど、OSまで反応しなくなるのは如何なものかと思うのです。

VMWareに古いOSをインストール

諸々

  • 古いOSを実行できる環境は、何時か何処かで必要になると思うけど、その時にメディアが残っている保証も無いし、アクティベーションなども含めて再現できるかどうか分からない。ちょうど時間が取れたのでやっておくことに。
  • 実際にやってみると懐かしい画面ばかりで、当時の悪戦苦闘ぶりを思い出す。まさか、Windows XPの電話アクティベーションをもう一度やる日が来るとは思わなかった。Windows XP SP3の頃は、それ以前に比べれば再インストールの頻度は下がったけど、それでも半年に1回程度は実施していたのではないだろうか。そのたびに手順通り行かないことが多くて、毎回トラブルシュートしていた気がする。
  • Windows 7 SP1はつい最近まで使っていたけど、再インストールは年に1回あるかどうかなので記憶が薄れてしまっている。再インストールする度に書記に降ってくるパッチの量が増えていると思ったけど、ここまで溜まりましたか。サービスパック二つ分くらいに相当すると思うけど、絶対にそれはやらないというMicrosoftの強い意思を感じます。最後の方で、何回updateしても次から次に降ってくるのはなんとかして欲しい。

Windows XP SP3

www.ikt-s.com

f:id:cutxout:20191021130113j:plain

Windows 7 SP1

www.anchumosaku.net

  • エラーコード80072EE2に対しては、IPv6を無効化することで対応する。

f:id:cutxout:20191021155857j:plain

7z.dll 32bit

圧縮・解凍ソフト 7-Zip

  • いつの頃からかrar形式のファイルが開けなくなってしまって困っていたのだが、7z.dllを最新版にすれば行けるようだ。
  • 入手先が分からなかったのだが、7zipと一緒にインストールされる奴を使えば良いらしい。
  • はまりどころとしては、32bit版にしないと動かないと言うところ。